スポンサーリンク

2018年4月1日日曜日

【海外の反応】ダーリン・イン・ザ・フランキス 12話

Daniel Chart-sama作成

Redditの反応

黒実線 パートナー(現在)
黒点線 パートナー(過去)
赤実践 好き
赤点線 好き?
青実線 嫌い




Redditの反応

ゾロメとミクはずっと健全な関係のままでいて欲しいものだ




Redditの反応

青鬼理論が戻って来たな
ヒロと02の過去が明かされるのが楽しみだよ

Redditの反応




Redditの反応

ゼロツーは自分でもどんなダーリンを求めているのか分からないんじゃないか?
もし分かった時には、ヒロは捨てられそう

Redditの反応

ゼロツーは自分では知ってるけど
ヒロは記憶をなくして思い出せないんじゃないかな

Redditの反応

それがヒロが、ミツルが研究所に行って約束したことを思い出せない理由か

Redditの反応

ダーリンのクローンがたくさん居るんじゃない?
ヒロ、ヒロ、ヒロみたいに




Redditの反応

ヤドリギの下で子供の頃
ヒロと02は出会っていたのか

Redditの反応

その時にヒロが02にキスの仕方を教えたんだろう

Redditの反応

そして今度はヒロが教えてもらっていると




Redditの反応

02はオリジナルのダーリンに会いたいから人間になりたいと
そしてそれがヒロだと気づいていないのか
次の展開が楽しみだ

そして青鬼理論がまだ生き残ってることにちょっと興奮する



Redditの反応


俺はエミリアが好きだ
(注:リゼロのネタ)

Redditの反応

このネタはホント廃れないな

Redditの反応

レムが一番なのに




Redditの反応

彼女が苦しんでる時に告白するのは良い判断じゃないよヒロ・・・

Redditの反応

彼女の心を和らげようとしたんだろう
「人間じゃなくても、君自身のことが好きなんだ。だから人間じゃなくても気にするな」みたいに

Redditの反応

「モンスター娘が好きなんだ」
by ヒロ



Redditの反応


ミク「あの人ちょっとカッコイイ」
ゾロメ(怒)



Redditの反応




OPが・・・

Redditの反応

カップル交換が公式になったみたいだな



Redditの反応


まさか主人公が告白するとは・・・



なんだって、ただのエサ!?




Redditの反応


青鬼理論は正しかったようだね




Redditの反応

AAAAAAAAAAAAAAAAHHHHHHHHHH!!!

Redditの反応

ここはブラッククローバーのスレじゃないぞ



https://www.reddit.com/r/anime/comments/88jkd5/spoilers_darling_in_the_franxx_episode_12/

泣いた赤鬼
とある山の中に、一人の赤鬼が住んでいた。赤鬼はずっと人間と仲良くなりたいと思っていた。
そこで、「心のやさしい鬼のうちです。どなたでもおいでください。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます」
という立て札を書き、家の前に立てておいた。
しかし、人間たちは疑い、誰一人として赤鬼の家に遊びに来ることはなかった。
赤鬼は非常に悲しみ、信用してもらえないことを悔しがり、終いには腹を立て、せっかく立てた立て札を引き抜いてしまった。
一人悲しみに暮れていた頃、友達の青鬼が赤鬼の元を訪れる。赤鬼の話を聞いた青鬼はあることを考えた。
それは、「青鬼が人間の村へ出かけて大暴れをする。そこへ赤鬼が出てきて、青鬼をこらしめる。
そうすれば人間たちにも赤鬼がやさしい鬼だということがわかるだろう」という策であった。
しかし、これでは青鬼に申し訳ないと思う赤鬼だったが、青鬼は強引に赤鬼を連れ、人間達が住む村へと向かうのだった。
そしてついに作戦は実行された。青鬼が村の子供達を襲い、赤鬼が懸命に防ぎ助ける。
作戦は成功し、おかげで赤鬼は人間と仲良くなり、村人達は赤鬼の家に遊びに来るようになった。
人間の友達が出来た赤鬼は毎日毎日遊び続け、充実した毎日を送る。
だが、赤鬼には一つ気になることがあった。それは、親友である青鬼があれから一度も遊びに来ないことであった。
今村人と仲良く暮らせているのは青鬼のおかげであるので、赤鬼は近況報告もかねて青鬼の家を訪ねることにした。
しかし、青鬼の家の戸は固く締まっており、戸の脇に貼り紙が貼ってあった。
それは「赤鬼くん、人間たちと仲良くして、楽しく暮らしてください。もし、ぼくが、このまま君と付き合っていると、君も悪い鬼だと思われるかもしれません。それで、ぼくは、旅に出るけれども、いつまでも君を忘れません。さようなら、体を大事にしてください。ぼくはどこまでも君の友達です」
という青鬼からの置手紙であった。
赤鬼は黙ってそれを2度も3度も読み上げ、涙を流した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/泣いた赤鬼

スポンサーリンク




この記事をシェアする

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

泣いた赤鬼と雉も鳴かずばは
日本昔話の中でも1、2を争う悲しい話だわ

匿名 さんのコメント...

※1
そこにゴンギツネも入れてくれ。

匿名 さんのコメント...

リゼロが日本でいうオルガみたいな扱いで草